​お花の趣味を極めるために

花材の量も種類もほんの少しだけ。

枝一本、花一輪でつつましくも格式と品のある演出ができる

その表現は、茶花なげいれ花こそのもの。

生け花やフラワーアレンジメントをたしなむあなたにも、

大いに刺激を与えてくれます。

洋風アレンジなら得意というあなたは、

和の趣での表現力を磨いてみませんか。

日本の四季や伝統行事に応じた演出も

より一層、楽しくなることでしょう。

「花のベテラン」たちが花の趣味を極めるために。

「現代茶花」「現代なげいれ花」をお役立てください。

​葉牡丹と五葉松